作品詳細works

勇者パーティーを追放された白魔導師、Sランク冒険者に拾われる ~この白魔導師が規格外すぎる~

第3話(2)

第3話(2)
公式アプリ「マンガがうがう」で続きを読む

評価・感想コメント

高評価順 新着順
第3話(2)
あれ、俺なんかやっちゃいました?系の亜流みたい
第3話(2)
ワイが頑張って走って逃げてもバレちまうだとぉ
第3話(2)
但し地面が球体でちきゅうと同じサイズの場合?
第3話(2)
根暗なさすおに
第3話(2)
出たな。なんかやっちゃった? まず普通の白魔導師がどんなもんかを知りましょう。アホすぎてキモい。
第3話(2)
ストーリーとしては続きが気になるけど、自分の実力を把握してないとかイライラしてくるな。
第3話(2)
俺なんか目悪くて5m先の人の顔すらぼやけてしか見えん笑
第3話(2)
俺も10mm先なら気配を感じるze
第3話(2)
万能だなぁ。賢者か?
第3話(2)
結局ずっとこんな感じで進んでいくんだろうなぁ。ことあるごとにえっ何かまずかった?みたいな。
第3話(2)
師匠に自分の力を過信するなよって言われたのが呪いになってそうだな
第3話(2)
何かザブトンとかコメしてる人いるけど、こいつは子供産まないぞ?樹間に糸張って移動しないからな?
第3話(2)
ザブトン
第3話(2)
つまり数日前にそれに気が付いて移動した蜘蛛よりは劣ると
第3話(2)
まるで将棋だな…
第3話(2)
どこかの猫の10倍じゃねぇか… しかも円形…
第3話(2)
1度、能力測定をしてみたら?
第3話(2)
S級PTのリーダーより気配察知が速いけど、これ別に常時"探知魔法"を発動してたわけでは無いんよな?
第3話(2)
蜘蛛が陣地を越えた災害すぎない?
第3話(2)
もしかしたらA級が最高でBCD...Q、R、S級のクソザコかも
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. LAST
各作品へのコメントは、双葉社公式マンガ書店アプリ「マンガがうがう」から投稿できます。