作品詳細works

勇者パーティーを追放された白魔導師、Sランク冒険者に拾われる ~この白魔導師が規格外すぎる~

第3話(2)

第3話(2)
公式アプリ「マンガがうがう」で続きを読む

評価・感想コメント

高評価順 新着順
第3話(2)
俺なにかやっちゃいました?
第3話(2)
俺も10キロ先に人の気配を感じた
第3話(2)
まず第一にやらなきゃいけないのは、自分のスペックを正確に知ることだよな。つまり情報不足。冒険者やる為の心構えが出来てない
第3話(2)
何だかんだでこういうの好きなんだよなぁ
第3話(2)
10キロ範囲の生体感知って現代の基準で考えても異常なんだがww 戦闘力なくてもそれだけで重宝される
第3話(2)
10キロ先にモンスターが集まってるね、俺でなきゃ見逃しちゃうね…  もういっそこのぐらい言ってもいいと思うんだ。
第3話(2)
俺も10mm先なら気配を感じるze
第3話(2)
無自覚系ってキロ単位を使いたがるよね。無意味に。
第3話(2)
師匠に自分の力を過信するなよって言われたのが呪いになってそうだな
第3話(2)
10キロ先まで敵かわかるとか軍隊の指揮でもとれそうな能力だなw
第3話(2)
前パーティーにいじめられたトラウマで思考がヤベェのかなって思ったけど、世間知らずっぽい上に師匠がヤベェ感じだったな…
第3話(2)
ストーリーとしては続きが気になるけど、自分の実力を把握してないとかイライラしてくるな。
第3話(2)
あれ、俺なんかやっちゃいました?系の亜流みたい
第3話(2)
俺なんか目悪くて5m先の人の顔すらぼやけてしか見えん笑
第3話(2)
俺の探索魔法の範囲がおかしいって……狭すぎって意味だよな?
第3話(2)
…?範囲が狭すぎるって意味だよな…?
第3話(2)
あれ?俺、また何かやっちゃいましむぐっ
第3話(2)
先生にはまだまだだなぁって言われてて、だれも教えてくれなくて、実力ないって追い出されたから、仕方ない
第3話(2)
その探知能力持ってて前回のラッキースケベは無いだろ
第3話(2)
異世界でもメートル法なのは仕方ないよ。そこは読みやすさの優先。インチ法やヤード・ポンド法で表現されても読みづらいだけね
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. LAST
各作品へのコメントは、双葉社公式マンガ書店アプリ「マンガがうがう」から投稿できます。